2018年10月一覧

身長は遺伝じゃない!継続的な栄養摂取がカギ!

身長は遺伝だ、と諦めている人は多いかもしれませんがのみの夫婦と呼ばれるような人たちからでも身長が高い子が育つこともあるように、大事なのは遺伝よりも栄養ということが最近の基本です。

もちろんそれだけでなく、過剰になりすぎない程度に運動させておくということも大切ですがそこは子ども、昨今の紫外線であったり危ないと思って外で遊ばせないということがあっても跳ねまわるように遊びまわりますし、友達といればそれはもっと長い時間になることでしょう。

大事なのが栄養であり、子どもの好き嫌いはもってのほかで甘いお菓子や果物ばかりでもいけません。

子供プロテインで栄養補助

最近では子ども用プロテインというものもあり、栄養の補助をしてくれるものが増えています。あるいはプロテインと聞くと顔をしかめる人もいることでしょう、どうにも聞きなれない、知らない分野ではそうなりがちですが結局はただの栄養補助ですし、よほどのことがなければ体に害はありません。

ただ中にはアミノ酸によっては過剰摂取はよくないということもありますので、ご両親が使っているからこのプロテインを流用して子どもに食べさせようとは思わず成分をしっかり確認したり子ども用を選ぶといった配慮は必要です。それはもちろん一度きりではあらず、継続的な摂取が必要といえます。

人間の体は代謝によってどんどんとつくりかえられて行きますのでこまめに取り、しっかりと体を作ることが必要です。苦みの強いものは大人になってからは大丈夫だからと子どもの好き嫌いをある程度黙認する方もいらっしゃいますが仮にそうするならば別な、その苦手なものと同じような成分であったり必要なものを取ることができる食べ物を摂取させたりといった手段も行う配慮も欠かせません。

身長を伸ばすときにしっかり伸ばす!

身長を伸ばすべきときにしっかり伸ばすことで子どもの将来にも関わってきますし、よりよく育ててあげましょう。

また、当然ですが自分のエネルギーとするには少し注意が必要であるということも忘れてはいけません。この子には栄養をこれだけ上げたから大丈夫、ではなく、睡眠といったことも大切です。

子どもがたくさん遊んでたくさん眠るというのはよろしいのですが昼寝ともなると少し問題です。夜たっぷり眠るのはよくても昼間寝すぎるとそれは夜の不眠に繋がり、半端な睡眠は体をよくない方向に導いてしまうことでしょう。きちんと食べ、きちんと運動し、きちんと夜に眠るというある種当然の、子どもがそうあるべきということが大切です。


身長を伸ばす食事って?どんな栄養が身長を高くするの?

身長を伸ばす食事とはなんでしょうか、と言われて答えるのは非常に難しいです。

子どもの成長期においてこれを食べれば身長がこれだけ伸びるのだ、ということは一概にはいえないからです。

牛乳だけではダメ

昔は牛乳を飲もうというふうでしたが最近ではそうもいかないという話が多く、もちろん牛乳は大切ですがそれだけでは難しいことも多く、例えばカルシウムは確かに豊富に含まれていますがその量だけでなく吸収率はどうかという話になってきます。

カルシウムの吸収にはビタミンDが必要であるという話は有名ですが当然牛乳だけでは足りず、何かを足す必要があるでしょう。

例えば食事の飲み物が牛乳であるならば魚系統を足したり、あるいはキノコ類でもいいでしょうが結局何かを加えることが必要です。

骨をまず頑丈にしたいという話ひとつとってもこのような広がりを見せるので、実際はもっと複雑となっています。身長が伸びる、というならばタンパク質ですが、これは今一つパッとしないというか肉や大豆と言われても中々そればかりは難しいかもしれません。

子供は好き嫌いが多い

大人ならばいいのですが子どもにおいてはあるいは豚肉は食べない、あるいは鶏肉は臭くていやだなんてこともありがちで、大人になれば自然に治ると思っていて不足しては問題外です。

子どもが喜ぶように豆腐を食べさせるならば、まず見た目を綺麗に、爽やかにしたり少々塩分が気になっても濃い目に好みの味付けにしてみるというのもいいかもしれません。工夫して食べさせてあげることが必要であり、子どものためになることです。

また、子どもはよく遊びよくエネルギーを使いますから細かくおやつ、例えば果物などをこまめにあげてみるのもよいでしょう。ただしお菓子のあげすぎは肥満といったことにつながるので注意が必要で、同様に塩分といった気を抜くとすぐ取りすぎになってしまうものにも気を使う必要があるでしょう。

身長を伸ばすための栄養において確実にいえることがあります。それはこの栄養を取れば完璧ということはなく、食品一つとっても様々な成分が絡み合い、さらには吸収時間といった差異もありもはやこれが良いというのは中々言えなくなってきています。

ですから結局はバランスよく食べ合わせを考え、足りない栄養を補っていくように一日の献立を考える必要があるのです。牛乳だけでなく、ビタミン豊富なものだけでなく、タンパク質だけでなくすべてをまんべんなく、一つが突出することもないように食べていくのが成長には必要なのです。


プラステンアップの評判を徹底分析!どんな人におすすめ?

中高生の子供を持っているお母様の中で、周りの友達には成長期が来ていてグングンと体が成長しているのを感じる方、写真撮影の時に自分の子供だけ段が出来ていて目立つほど小さい、まだ大丈夫だと思っていたけど15歳になってしまってこのままだと不安と考えている方もいると思います。

家系や食事、運動をさせ過ぎたから、寝る時間を十分に取らなかったからなどいったい何が原因で成長が遅いのか不安な方には、プラステンアップが良いです。

プラステンアップは、12歳を過ぎた中高生専用の成長サプリで、身長に伸び悩んでいる子供におすすめになります。

平均身長は高くなっている

しかし、実際には1950年から2010年の60年間の中でも、男子の平均身長は147.3cmから165.1cm、女子の平均身長は146.6cmから156.4cmと男女ともに年々身長が高くなっているので、成長に一番影響すると思われがちな家系は関係ないことが分かります。そこで60年前と生活を比べてみると、唯一改善されているのが食事です。

成長期のラストスパートには栄養素が1番重要です。特に子供向けではなく中高生では、必要な栄養素も違ってくるので、特化している成長応援サプリメントを摂取することが重要です。

プラステンアップならラストスパートに欠かせない、身体の土台の構成要素の20%を占めるカルシウム、そのカルシウムを固めるセメントの働きをするリン、相互的に協力し合って、ハリのある毎日を応援するビタミンCや亜鉛が含まれています。

また、成長には欠かせないしっかりとした土台作りのためのマグネシウム、太陽のビタミンと称される土台の定着をサポートするビタミンDをバランスよく摂取することが大切です。プラスワンステップなら、必要な栄養素をコップ一杯で補給することが出来ます。

 

プラステンアップの効果を実感

実際に利用している中高生の子供を持つお母さんからも、1年ちょっとで一気に身長が伸びた、飲み始めてすぐに子供に変化が現れ出したのですぐに追加の購入を決めた、継続していたおかげでだいぶ大きくなってくれたなどの評判があり、実際に使用している93.2%のお客さんがそのまま購入を継続いている実績もあります。

手軽に栄養が摂れることでも評判があり、多くのメディアに注目されていたり、バレーボールの強豪校に進学した息子が小柄でバレー選手として、中々試合に出られない日々が続いていた方も、飲みだしてから1年でレギュラー入りを果たすまでに成長したなど喜びの評判も多くあります。

 


ドクターセノビルのオススメ度は?効果あるの?

子供の背を伸ばしたい母親が驚異のリピート率で購入しているという噂があるのがドクターセノビルですが、本当に効果があるのでしょうか。

 

ドクターセノビルは不動の人気!

ドクターセノビルは子供の身長サプリメントや成長期飲料の中で不動の地位を獲得するほど有名な商品ですが、一番のポイントは成長期の鍵となる成分、アルギニンが大量に含まれているということです。

実際に口コミの中には身長が伸びた、というものや、季節の変り目に風邪も引かなくなった、というものが多く目立ちます。身長を伸ばす効果は確かにあるといっていいのですが、では口コミの中で「背なんて伸びなかった」と書いている人は一体なにが違ったのでしょうか。

答えは、その愛飲歴の短さです。ドクターセノビルはあくまでも健康補助食品であるサプリメントですから、複数回飲んだからといって劇的に効くわけではありません。多くのサプリメントと同じように、2年ほど試してみれば「そういえば、効果が出てるのね」と確認出来る、そういった商品なのです。

 

アルギニンはすぐに効果はでない?

アルギニンは間違いなく成長期には必要な成分ですが、それが最も大きな効果を得られるのは「医療目的で開発されたアルギニン製剤を、注射で直接体の中に入れること」であり、サプリメントで飲むことで摂取する方法ではすぐに身長を伸ばすことは出来ない、と理解しておくことが必要です。

あくまでも成長ホルモンの分泌を促し、子供の身長が伸びやすいように体の内側からサポートしてくれる、という風に考えましょう。

サプリメント商品は3ヶ月続けてみて効果が感じられなかったらやめる、という使い方をするものではありません。すぐにハッキリとした結果が出なかったからといってやめてしまうと、折角徐々に促されていた成長ホルモンの分泌が失速してしまう可能性があるのです。

見た目にはすぐに変わらないかもしれませんが、それでも子供の体の内側からサポートはされています。口コミで「効かなかった」と書いている方の摂取歴をみるとどの方も半年に満ちずにやめてしまっている状態なので、しばらくは様子を見ようと考え、1年ほどは摂取してみましょう。

ドクターセノビルは薬ではありません。あくまでも子供の成長サプリメントですから、即効性がない、ということを知っておきましょう。たまたま子供さんの成長期とサプリメントの摂取時期が合致している場合、飲み出したら一気に背が伸びたね、という結果になることもあります。

成長ホルモンを促し体の内側から健康にする、という面でみて、ドクターセノビルはお勧めです。


フィジカルBは中学生向け?小学生も飲んでるの?

子供の身長が伸びないのは遺伝のせいだからしかたがないと諦めているケースが少なくありません。

確かに遺伝の影響は否定できませんが、身長が伸びるような丈夫な体作りを効果的にしていくならば、身長がぐんぐん伸びる可能性を秘めています。身長は17歳までが勝負だと言われていますので、中学生から高校生までは可能性があります。

フィジカルBは評判がいい!

丈夫な体作りと身長が伸びることを目的に開発された健康補助食品の中で、「フィジカルB」はとても評判の良い成長サプリです。中学生向け?という声を耳にすることがあります。伸び盛りとなる中学生になっても身長が伸びないと心配になって、慌てて「フィジカルB」を飲み始める人が多いということかもしれません。

しかし小学生から飲んでも全く問題はありません。むしろ、早くから始めたほうが良い効果が期待できそうです。

見た目は緑色なので野菜ジュースのような感じですが、味はマンゴミックス味になっていて、小さな子供でも飲みやすくと評判です。実際にアンケートでは98%の方が美味しいと答えています。やはり毎日続けていくものですから、美味しく続けることができるということは大切です。

フィジカルBの特徴

「フィジカルB」の特徴は、スティック状の入れ物に入っており、水に溶かして飲みます。1本で1日に必要な栄養をしっかり摂取することができるようになっています。たとえば体作りをサポートする鉄分は1日に必要な量の95%を、炭水化物をサポートするビタミンB1は98%~102%を、さらにタンパク質をサポートするビタミンB6は98%を摂取することができます。

この他にも成長期に欠かせない9種類のアミノ酸が含有されています。しかも、このような成長に必要な栄養が含有されているだけでなく効果的に吸収できるようになっており、消化吸収率は95%と食事から摂取するよりも良い数字となっています。これはとても重要なポイントです。

使用後の満足度レポートでは、実に96%のユーザーが満足していると回答しています。つまり何らかの効果を確認でいたということです。本当に飲ませて良かったという感想が多く、お子さんの成長に不安を感じていた方が、その不安から解消されたという声を多く聞かれました。もちろん、成長に大切なのは栄養だけでなく、睡眠や運動も大切です。

しかし成長期のお子さんにとって重要なのは、それ以上に栄養であることは統計の結果明らかになっています。好き嫌いがあるお子さんでも、「フィジカルB」を飲めば十分補うことができるでしょう。