栄養一覧

アスミールの評判は嘘?成長に必要な栄養は入ってる?

アスミールは口コミでも評判の良い身長サプリですが、どのような成分が入っているのか知りたいという人もいるでしょう。

このサプリメントにはカルシウムや鉄分、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンEといった成分が配合されています。1杯の牛乳に混ぜて飲むことで成長期の子供に必要な栄養素の約80%を摂取することができます。

>>アスミールの口コミ

アスミールは成長ホルモンを促す成分が入っている

1日に必要な栄養素を手軽に補うことができるため、食事をあまり摂らない子供や好き嫌いの多い子供などに最適です。アスミールには子供の成長に最も重要な成長ホルモンを促す成分も入っています。成長ホルモンは身長を伸ばす上で欠かせないホルモンであり、さまざまな栄養素を摂取していても成長ホルモンの分泌が少ないと身長も伸びないと言われているのです。

そのため成長ホルモンの分泌を促す成分を摂取することが大切です。このサプリメントには記憶力を高めてくれるDHAも配合されているため、子供の健康をしっかりサポートしてくれるでしょう。ココア味で美味しいですし、牛乳が苦手な子供でも美味しく飲むことができます。

 

成長はカルシウム摂取だけではダメ

人間の身長はカルシウムを摂取すれば伸びるのではなく、成長ホルモンがしっかり分泌されることで伸びることになります。アスミールには成長ホルモンを促す亜鉛とアルギニン、植物性プラセンタがバランスよく配合されています。亜鉛は成長ホルモンのもとになるタンパク質の合成をサポートしてくれる働きがあります。

しかし、スナック菓子や加工食品などを食べていると体内から排出されてしまうため、継続して摂取する必要があるのです。そのため成長期の子供には亜鉛をしっかり摂取させることがポイントです。アルギニンは成長ホルモンの合成をサポートしてくれますし、子供の骨や筋肉の成長も助けてくれる効果があります。

また、免疫力を高める効果も期待できます。植物性プラセンタには種子の成長に必要なアミノ酸とビタミン、ミネラルなどが含まれています。特にアミノ酸はタンパク質の補給をサポートしてくれますし、元気な体を作ってくれるということです。

カルシウムは体の成長に欠かせない成分ですが、体内に吸収されにくいという特徴があります。アスミールはカルシウムをしっかり摂取できるように3種類のカルシウムを配合していることが特徴です。異なる種類のカルシウムを独自配合しており、吸収率を高める成分も配合されているのです。


身長は遺伝じゃない!継続的な栄養摂取がカギ!

身長は遺伝だ、と諦めている人は多いかもしれませんがのみの夫婦と呼ばれるような人たちからでも身長が高い子が育つこともあるように、大事なのは遺伝よりも栄養ということが最近の基本です。

もちろんそれだけでなく、過剰になりすぎない程度に運動させておくということも大切ですがそこは子ども、昨今の紫外線であったり危ないと思って外で遊ばせないということがあっても跳ねまわるように遊びまわりますし、友達といればそれはもっと長い時間になることでしょう。

大事なのが栄養であり、子どもの好き嫌いはもってのほかで甘いお菓子や果物ばかりでもいけません。

子供プロテインで栄養補助

最近では子ども用プロテインというものもあり、栄養の補助をしてくれるものが増えています。あるいはプロテインと聞くと顔をしかめる人もいることでしょう、どうにも聞きなれない、知らない分野ではそうなりがちですが結局はただの栄養補助ですし、よほどのことがなければ体に害はありません。

ただ中にはアミノ酸によっては過剰摂取はよくないということもありますので、ご両親が使っているからこのプロテインを流用して子どもに食べさせようとは思わず成分をしっかり確認したり子ども用を選ぶといった配慮は必要です。それはもちろん一度きりではあらず、継続的な摂取が必要といえます。

人間の体は代謝によってどんどんとつくりかえられて行きますのでこまめに取り、しっかりと体を作ることが必要です。苦みの強いものは大人になってからは大丈夫だからと子どもの好き嫌いをある程度黙認する方もいらっしゃいますが仮にそうするならば別な、その苦手なものと同じような成分であったり必要なものを取ることができる食べ物を摂取させたりといった手段も行う配慮も欠かせません。

身長を伸ばすときにしっかり伸ばす!

身長を伸ばすべきときにしっかり伸ばすことで子どもの将来にも関わってきますし、よりよく育ててあげましょう。

また、当然ですが自分のエネルギーとするには少し注意が必要であるということも忘れてはいけません。この子には栄養をこれだけ上げたから大丈夫、ではなく、睡眠といったことも大切です。

子どもがたくさん遊んでたくさん眠るというのはよろしいのですが昼寝ともなると少し問題です。夜たっぷり眠るのはよくても昼間寝すぎるとそれは夜の不眠に繋がり、半端な睡眠は体をよくない方向に導いてしまうことでしょう。きちんと食べ、きちんと運動し、きちんと夜に眠るというある種当然の、子どもがそうあるべきということが大切です。


身長を伸ばす食事って?どんな栄養が身長を高くするの?

身長を伸ばす食事とはなんでしょうか、と言われて答えるのは非常に難しいです。

子どもの成長期においてこれを食べれば身長がこれだけ伸びるのだ、ということは一概にはいえないからです。

牛乳だけではダメ

昔は牛乳を飲もうというふうでしたが最近ではそうもいかないという話が多く、もちろん牛乳は大切ですがそれだけでは難しいことも多く、例えばカルシウムは確かに豊富に含まれていますがその量だけでなく吸収率はどうかという話になってきます。

カルシウムの吸収にはビタミンDが必要であるという話は有名ですが当然牛乳だけでは足りず、何かを足す必要があるでしょう。

例えば食事の飲み物が牛乳であるならば魚系統を足したり、あるいはキノコ類でもいいでしょうが結局何かを加えることが必要です。

骨をまず頑丈にしたいという話ひとつとってもこのような広がりを見せるので、実際はもっと複雑となっています。身長が伸びる、というならばタンパク質ですが、これは今一つパッとしないというか肉や大豆と言われても中々そればかりは難しいかもしれません。

子供は好き嫌いが多い

大人ならばいいのですが子どもにおいてはあるいは豚肉は食べない、あるいは鶏肉は臭くていやだなんてこともありがちで、大人になれば自然に治ると思っていて不足しては問題外です。

子どもが喜ぶように豆腐を食べさせるならば、まず見た目を綺麗に、爽やかにしたり少々塩分が気になっても濃い目に好みの味付けにしてみるというのもいいかもしれません。工夫して食べさせてあげることが必要であり、子どものためになることです。

また、子どもはよく遊びよくエネルギーを使いますから細かくおやつ、例えば果物などをこまめにあげてみるのもよいでしょう。ただしお菓子のあげすぎは肥満といったことにつながるので注意が必要で、同様に塩分といった気を抜くとすぐ取りすぎになってしまうものにも気を使う必要があるでしょう。

身長を伸ばすための栄養において確実にいえることがあります。それはこの栄養を取れば完璧ということはなく、食品一つとっても様々な成分が絡み合い、さらには吸収時間といった差異もありもはやこれが良いというのは中々言えなくなってきています。

ですから結局はバランスよく食べ合わせを考え、足りない栄養を補っていくように一日の献立を考える必要があるのです。牛乳だけでなく、ビタミン豊富なものだけでなく、タンパク質だけでなくすべてをまんべんなく、一つが突出することもないように食べていくのが成長には必要なのです。