食事一覧

身長を伸ばす食事って?どんな栄養が身長を高くするの?

身長を伸ばす食事とはなんでしょうか、と言われて答えるのは非常に難しいです。

子どもの成長期においてこれを食べれば身長がこれだけ伸びるのだ、ということは一概にはいえないからです。

牛乳だけではダメ

昔は牛乳を飲もうというふうでしたが最近ではそうもいかないという話が多く、もちろん牛乳は大切ですがそれだけでは難しいことも多く、例えばカルシウムは確かに豊富に含まれていますがその量だけでなく吸収率はどうかという話になってきます。

カルシウムの吸収にはビタミンDが必要であるという話は有名ですが当然牛乳だけでは足りず、何かを足す必要があるでしょう。

例えば食事の飲み物が牛乳であるならば魚系統を足したり、あるいはキノコ類でもいいでしょうが結局何かを加えることが必要です。

骨をまず頑丈にしたいという話ひとつとってもこのような広がりを見せるので、実際はもっと複雑となっています。身長が伸びる、というならばタンパク質ですが、これは今一つパッとしないというか肉や大豆と言われても中々そればかりは難しいかもしれません。

子供は好き嫌いが多い

大人ならばいいのですが子どもにおいてはあるいは豚肉は食べない、あるいは鶏肉は臭くていやだなんてこともありがちで、大人になれば自然に治ると思っていて不足しては問題外です。

子どもが喜ぶように豆腐を食べさせるならば、まず見た目を綺麗に、爽やかにしたり少々塩分が気になっても濃い目に好みの味付けにしてみるというのもいいかもしれません。工夫して食べさせてあげることが必要であり、子どものためになることです。

また、子どもはよく遊びよくエネルギーを使いますから細かくおやつ、例えば果物などをこまめにあげてみるのもよいでしょう。ただしお菓子のあげすぎは肥満といったことにつながるので注意が必要で、同様に塩分といった気を抜くとすぐ取りすぎになってしまうものにも気を使う必要があるでしょう。

身長を伸ばすための栄養において確実にいえることがあります。それはこの栄養を取れば完璧ということはなく、食品一つとっても様々な成分が絡み合い、さらには吸収時間といった差異もありもはやこれが良いというのは中々言えなくなってきています。

ですから結局はバランスよく食べ合わせを考え、足りない栄養を補っていくように一日の献立を考える必要があるのです。牛乳だけでなく、ビタミン豊富なものだけでなく、タンパク質だけでなくすべてをまんべんなく、一つが突出することもないように食べていくのが成長には必要なのです。